« 揺れるリンゴの木の下で | トップページ | 少女は空色の瞳に恋をする »

【プレイ日記】空色の瞳とリボン

第五話 みんな どこにいっちまったんだ…

ザックスはスラムの教会で目を覚ます。あのFFVIIでもFFVIIACでも御馴染みの教会だ。黄色い花が咲いている、スラムの廃教会。そしてエアリスと出会う。

伍番街スラム 教会

エアリスとザックス・・・二人の儚く短い恋が始まる。スラムのマーケットで財布を取られたり、財布を取り返す為に戦闘はあるが、ほとんどが二人の想いが歩み寄る過程が語られてゆく。

プレートの下の街は空が見えない。空が見えなくて息苦しいと感じるザックス、「空が怖い」というエアリス。エアリスに綺麗な空を見せてやりたいと思うザックス。

エアリスの本当の空は、ザックスの瞳の中にあったのだ・・・

それが分かるのは、もっと先の話だ。二人は一緒に事件を解決し、ザックスは起してくれたお礼にと、エアリスにリボンを買ってやる。ザックスはエアリスの髪にリボンを結んでやる。(リボンはエアリスの象徴となる。FFVIIACでも仲間達はどこかにリボンを着けていた)

Ea01


坂本真綾のエアリスが良い。薄幸そうで、だからこそ明るくふるまおうとする健気さがある。ザックスも良い。照れながらも、持ち前の人懐っこさで、エアリスの警戒心を解いていく。

公園で・・・

エアリスはザックスに尋ねる。「ソルジャーって会ったことある?」ザックスは戸惑いながら答える。「多分」戦うのが好きなソルジャーが変と言うエアリス。普通が一番だと言うエアリス。(ここでソルジャーが肉体改造を受けた人間である事が明らかになる。ジェノバ細胞の名前は出て来ないが、何かを体に埋め込まれ、魔晄を照射される事が)ザックスは自分がソルジャーである事を打ち明ける。エアリスは謝る。

「きれい・・」「顔?」「瞳」

あのシーンはここで登場する。ザックスの瞳は空の色をしている。

「魔晄を浴びた者の瞳 ソルジャーの証だ」
「この空なら 怖くない」


それは少し昔の懐かしい恋の情景。ロッキー・バルボアがまだアメリカンドリームであった頃のアメリカ映画の様な。人々は都会に何かを求めて押し寄せ、若者は明日には今日よりも幸せがあると信じて疑わなかった時代の・・・

二人の時は、突然のセフィロスからの電話で打ち切られる。ジェネシスが神羅ビルに攻めて来たと言うのだ。ザックスは直ちに戻らねばならなくなった。

「また 会えるよね?」

不安げなエアリスの笑顔、ザックスは明るく頷く。

P8310046a

スラムから上の階層へ上がる。モンスターに阻まれてなかなか先へ進めない。連続戦闘となるので、セーブポイントで準備をしておかねばならない。戦闘が一段落するとアンジールがやって来る。「一緒に戦え」とザックスを横抱きにして、白い片翼で舞い上がる。

神羅ビルではセフィロスが戦っている。三人は一緒に、ジェネシス軍に対抗する流れとなる。ジェネシスはホランダーに命じられ、彼が勢力争いに負けた恨みを持つ宝条を殺しにいったと語るアンジール、宝条に嫌悪をあらわにするセフィロス、ザックスが宝条救出に向かう事になる。

急げ!俺!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 ゲームブログへ

ここはもるがんのクライシスコアFFVIIの記録用の場所です。

本拠地はこちら「帰ってきた二次元に愛をこめて☆」

« 揺れるリンゴの木の下で | トップページ | 少女は空色の瞳に恋をする »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222427/16509596

この記事へのトラックバック一覧です: 【プレイ日記】空色の瞳とリボン:

« 揺れるリンゴの木の下で | トップページ | 少女は空色の瞳に恋をする »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Twitter

無料ブログはココログ