« セフィロスという存在 | トップページ | 【プレイ日記】その妖艶なるまなざしに »

あいかわらず仔犬だな

記憶や想いを力に変えるソルジャーの能力(!)を視覚化したとされるD.M.W(デジタルマインドウエーブ)。その中で登場するシーンも見応えのあるものが多い。マテリアを探すのに手間取り、やっと見つけて慌ててやって来たはいいが、今度は剣を置き忘れてくるという、ザックスの粗忽ぶりに呆れてアンジールが言う・・

「あいかわらず仔犬だな」

ザックスを「しょうがない奴だな」という思いながらも、温かく見守るアンジールの心情があふれていて好きなセリフだ。これが出た後には

「ソルジャーの誇りを見せてみろ!」

と言うアンジールの叱咤激励の後にザックスが”ハードラッシュ”を繰り出す。記憶や想いの力・・そう思うと、ザックスにとってのアンジールという存在の大きさが伝わって来る様で、切ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 ゲームブログへ

ここはもるがんのクライシスコアFFVIIの記録用の場所です。

本拠地はこちら「帰ってきた二次元に愛をこめて☆」

« セフィロスという存在 | トップページ | 【プレイ日記】その妖艶なるまなざしに »

感想・つぶやき・想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222427/16483644

この記事へのトラックバック一覧です: あいかわらず仔犬だな:

« セフィロスという存在 | トップページ | 【プレイ日記】その妖艶なるまなざしに »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Twitter

無料ブログはココログ